スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wii版ピクミンの特殊操作をまとめてみる

最近、Wii版のピクミンをやっています。
結構面白いです。とくにパーツの位置とかが分かっている二周目以降は
いかに時間を減らしてクリアできるかのチャレンジが面白いです。


ところで、GC版のピクミンを攻略しているサイトは結構ありますが、
Wii版についての解説はなかなか無いですね・・・
基本的にWii版と同じであるが、GC版に慣れた人には操作しづらいと感じるらしく
ガチでやってる人は少ないのかもしれません。

そんなわけで、自分の知っているWii版ピクミン特殊操作を描いていこうと思います。
もしかしたら、WiiUで出るピクミン3でも使えるかもしれません。


1.Wii版高速投げ

なぜかWii版では出来ないと思っている人が多いみたいです。隊列移動の仕様変更が原因でしょうか。
GC版では、ピクミンを動かしてオリマーに寄せながら投げることで、普通より早く連射することが出来ます。
一方Wii版ではピクミンを寄せながら投げることは出来ません。
その代わりといっては何ですが、オリマーを動かしながら投げることが出来ます。
オリマーをピクミンに寄せながら投げればいいのですが、ピクミンはオリマーの後ろを付いてきますので
スティックを回したりガチャガチャやっていれば、勝手にオリマーに向かってきます。
よって大雑把に言えば「スティックを回しながら投げる」でOKです。
より確実に連射するなら、Aを押しながらスティックを回し、ピクミンを完全に寄せてから投げるといいでしょう。

2.ポインターロック

Wii版で一番目立つ欠点といえば、ポインターが震えてしまうこと。
特に上記のように連打すると狙いがずれがちです。
Wiiリモコンの仕様上、仕方のないこと・・・と諦めるのは早計。
なんとこの手ぶれ、簡単な方法で解消可能です。
その方法はズバリ「赤外線センサーをふさぐ」これです。
画面を狙いながら赤外線をふさぐと、画面上のカーソルはカメラに対して固定され、
振っても連打しても動かなくなります。
また、オリマーが動けばカーソルも平行移動するので、位置の補正も可能です。

赤外線をふさぐといっても、特殊な道具を使ったりするわけではありません。
ヌンチャクを持っている左手を前に出し、そのまま右手のリモコンにかぶせればいいのです。
文字で見ると変な持ち方で操作できないと思うかもしれませんが、意外に大丈夫。
世の中にはGC版で、スティック2本とABを同時操作している猛者もいるらしいので、
彼らに比べれば全然普通でしょう。

この状態で高速投げが出来るようになると、Wii版の特徴である飛距離を活用した狙撃や
遠方高速連射などが自由に出来るようになり、攻略の幅が広がるのは間違いありません。

3.背中コントロール(背面投げ)

Aを押している間、ピクミンはオリマーの背中をキープします。
一方オリマーは、静止中はポインターの方向を自動で向きますが、
Aでピクミンを構えている間は向き直りません。

これを利用すれば、オリマーの向きとピクミンの位置をある程度コントロールすることが出来ます。
リブラ回収時など、狭い場所でピクミンを投げるときに使えます。
十字キー下の隊列操作でもいいですが、こっちのほうが使うボタンも少ないので、自分はこっちが好きですね。




ほかにも、ピクミンを最大リーチで投げると、飛距離のほかに高度も少し上がるようです。
これを利用して無理やり上れる場所もWii版には存在します。探してみるのも面白いかもしれません。


なんか久しぶりの更新なのに意味不明な長文になってしまいました。
でもこれからピクミン3に備えてWiiで練習している人もいるかもしれないので
そういう人にはぜひ知っておいてほしいテクニックです。
スポンサーサイト
プロフィール

地蔵Luigi

Author:地蔵Luigi
ゲームとニコニコ動画が好きな凡人です。
最近はIRCの某所に『じぞP』なる名前で出没しているとかいないとか・・・

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
使用キャラ

トリックスター0
名前:たぬぼー
二次特化狸・回避極
所属ギルド:夜闇の蕾
検索フォーム
Twitter(Jizo_Luigi)
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。